Windows8を搭載したタブレット

Windows8は、キーボードやマウスを使った操作だけでなく、タッチパネルで操作することも想定して、タッチ操作のために最適化されたスタート画面やストアアプリがあるのが特徴です。
現在、タブレットに搭載されているOSの主流は、AndroidやiOSですが、Windows8を搭載したタブレットも徐々に出回っています。
Windows8搭載機種の最大のメリットは、豊富なソフトウェア資産を使えるということです。Windowsの歴史は古く、現在に至るまで、一部機種を除いたパソコンのOSとして広く使われています。そして、ビジネスソフトからエンターテイメントソフトまで数多くの対応ソフトがそろっています。その数は、Androidなど他のOSと比べると圧倒的です。
それらの豊富なソフトウェアをインストールして、キーボードやマウスをつなげば、パソコンと何ら変わらない使い方をすることが出来ます。それを踏まえれば、特にビジネスの世界にとっては、有望なマシンといえるでしょう。
タブレット用のOSとしてはまだ歴史が浅いため、電子ブックリーダーソフトが不足しているなどの不利な点もありますが、Windows搭載機種が普及するにつれて、それらのアプリも揃ってくると予想されます。
また、Windows8を改良した最新バージョンのWindows8.1も発売されましたので、これからもっとメジャーになることが期待されます。