Windows8のコントロールパネルの開き方

Windows8はこれまでのOSからインターフェイスが大きく異なっており、これまですぐに表示できたアイコンやファイルが開きにくくなってしまいました。特にパソコンの機能を調整するのに必要なコントロールパネルは使用する回数が多く、スムーズにアクセスできることが求められます。調整できる内容については、これまでのOSから大幅に変更されていません。
そこで、Windows8においてコントロールパネルにアクセスする方法とスムーズに開く方法を挙げていきます。まず右サイドにマウスを移動させると、チャームバーが表示されますので設定をクリックします。その中にコントロールパネルがありますのでクリックをするとアクセスできます。もっと簡単に表示をさせるには、ショートカットを使う方法でWindowsキーとXキーを同時に押してから、Pキーを押すと同じように表示されます。
ワンクリックでアクセスするには、トップ画面にアイコンを表示させておけば良いのです。まずデスクトップ上で右クリックをし個人設定、そしてアイコン設定画面を開きます。そうするとアイコンとして表示させたいもののリストが並んでいますので、チェックを入れるとすぐに開けるようになります。